悠々自適な生活を目指して

30代の「冴えないサラリーマン」が悠々自適な生活を目指します。

2019年10月の購入履歴

2019年10月も株を購入しました。

購入した株はHSBCホールディングス(HSBC)です。

 

HSBCホールディングスはイギリスのロンドンに本社がある世界最大の商業銀行です。

直近のPERも低く、配当利回りも5.2%となっていたので16株購入(約7万円)しました。

購入金額が少ないのは9月にパソコンと携帯電話を購入してお金がなかったからです…

a-free-and-easy-life.hatenadiary.com

あと静岡に旅行に行って、たくさんお金を消費してしまいました。

後悔はありません!

 

最近米国株が絶好調でこわいです。

そのため、今月も何を買おうか悩んでます…

現在のところは、ロイヤル・ダッチ・シェル(RDS-B)、三菱商事(8058)、三菱UFJ(8306)辺りの購入を検討しています。

【読書】株式投資

「それでも株式が最高の投資先だ!」と力強く帯に書いてあるシーゲル著の「株式投資」を読みました 

株式投資 第4版

株式投資 第4版

 

この本は株式市場における歴史やその分析とデータが詳しく載っています。

とても勉強になる本でした。 

 

<本を読んで学べた(共感出来た)こと> 

・株式で良好な利回りを達成するには、長期的な目標と確固たる投資戦略が必要 。

・過去の実績に基づくと、PERが低くて配当利回りの高い株は成長株よりも高利回り低リスク

・割安株は弱気相場では株価が好調に推移する傾向があるものの、強気相場の後半では成長株の利回りを下回ることが多いため、高利回りを狙う戦略をとるのであれば忍耐が必要。 

株式売買の最初の落とし穴は「市場に勝とう」と頻繁に売買すること(売買手数料のこともしっかり考えよう) 

株式市場は自己発見するためには非常に高くつく場所(ウォール街の古い格言) 

出来事が自分に有利に展開すると自分の手柄だと思い込む傾向(帰属バイアス)になる。

 

<感想> 

この本は過去200年間の主要な金融資産の利回りのデータを用いて、長期投資では株式市場の利回りが優れていることを伝えてくれる。 

特に面白かった章は「行動ファイナスと投資の心理学」でした。 

ここでは行動ファイナス精通したカウンセラーと投資に失敗したデイブの対話形式で話が進んでいいきます。 

その中でも印象に残ったのは、他人の意見が自分の意思決定に影響与えてしまうことと、思い込みが生んだ「自信過剰」な行動での失敗談でした。 

このことは自分自身の投資や生活にもあり得る(何度失敗したことか笑)ことなので、肝に銘じて様々な判断をしていきたいと思いました。

 

そして、わたしの好きな作家である森博嗣さんの言葉を思い出しました。

 

「大事なのは思い込まないことだと思う。……略。人間というのは思い込みが激しい。思い込んで考えることをやめようとする。考えるというのは、自分との対話だから、結局は自分と口をきかなくなっていくのだ。もっと話を聞いてやってはどうだろうか」

 

この言葉もしっかり忘れないでおこう。

 

わたしは大学院の修士課程で経済学専攻していましたが、研究分野は環境経済学でした。

この本を読んで行動経済学ファイナンスも学びたいという意欲が湧きました!笑

2019年の「ふるさと納税」

今年のふるさと納税は飲み物と枕で攻めてみました。

 

2019CYふるさと納税

自治 商品 寄付金
愛知県幸田町 エアウィーブ ピロー スタンダード(枕)  30,000円
愛知県幸田町 エアウィーブ ピローケース(枕カバー)  10,000円
山梨県山中湖村 富士山バナジウム天然水 500㎖×96本  10,000円
岩手県陸前高田市 マスカットサイダー 12本入り    7,000円
島根県出雲市  発芽焙煎出雲はとむぎ茶 500㎖×24本  10,000円

 

 ワンストップ特例制度を使用するために寄附先は5自治体としています。

 

ワンストップ特例制度とは?

ふるさと納税をした後に確定申告をしなくても寄付金控除が受けれる制度。

寄附先の自治体に申請書とマイナンバー及び申請書本人が確認できる書類を送付すれば、寄付金上限内で寄附したうち2,000円を差し引いた金額が住民税から全額控除されます。

とても便利な制度です。

 

マスカットサイダーとはとむぎ茶美味しかったです。

枕も最高です。

 

違う節税の話ですが、米国株の受取配当金額を大きくなってきたので、外国税控除をしようと考えています。

米国株からの配当金は日本での税金20.315%に加えて、米国所得税として10%が自動的に差し引かれます。

 

<米国株の配当金に対する税率>

 受取配当金=支払い配当金×0.9(米国の源泉徴収)×0.79685(日本の税金20.315%)

 

国税控除をすれば所得税を支払っている場合は、この米国の源泉徴収分10%を取り戻せるらしいです。

でもやり方もわからないので、明日辺りにお勉強したいと思います。

【読書】「不労所得」入門

これからの時代は「給料」+「副収入(働かないで)」と表紙の帯に書いてあったので、購入して読んでみました。

“投資

“投資"に踏み出せない人のための「不労所得」入門

 

本のはじめに、

「世の中には本当の意味での不労所得、つまり何もしないでお金を稼ぐという完璧な方法は存在しません」

と記載がありました。

帯に記載があった「働かないで副収入」とは、「儲かる仕組み作り」のことだったのかと、開始三ページ目でショックを受けました。

 

 <読んで学べた(共感出来た)こと>

いったんお金を生み出す仕組みを作ることが大切

貰った給料はすべて使うのではなく、お金を生み出す仕組み作りに活用するが大切。

わたしは株式投資を自分で初めてこの大切さ身に染みて分かりました。

この経験があるからこそ、この本で書かれている大切さが本当に分かるのだと思いました。

 

短期的な株式のトレードは、長期的な投資に比べてギャンブルに近い

この言葉は身に沁みました。

まさにわたしが株式投資をはじめたときは短期の売買で儲かって調子に乗って、最終的には10万くらいの損をしたからです。

これがきっかけでたくさん投資の本を読みました。

それで一番腑に落ちた投資方法が「高配当株への長期投資」でした。 

 

 ・長期で投資する際に重要なのは、投資で得た資金を再投資して「複利のメリット」を享受すること

アインシュタインが人類最大の発明と呼んだ「複利」の効果は如何に?

これはわたしがいま実践していることです…

さてどうなることやら。

 

<感想>

株式投資のことだけでなく、著者の経験を交えて「ブログ」「YouTube」「せどり」「不動産」「FX」「会員ビジネス」等について書かれていて、広く浅く「不労所得」の方法や内容が学べる本でした。

 

あと本当の金持ちは不労所得を生み出す資金以外で、自分が「使ってもよいお金」を把握して、そのお金で日常生活をしてるのだと感心致しました。

2019年10月の配当金

10月の配当金収入は11,392円(税引後)でした。

今月はJT、アルトリア(MO)、グラクソ・スミスクライン(GSK)、PFFの3銘柄から配当金を頂きました。

 

今月は日本株REIT、米国株がすべて好調です。

怖いくらいです。

 

但し、昨夜ジョンソン&ジョンソンの株価が急落(前日比−6%)していました。

調べてみたら米国で販売するベビーパウダー製品に発がん物質が混入したとして、3万本を自主回収したというニュースがありました。

ここれでの本当の問題は同製品が抱える1万件を超える訴訟です。

この自主回収が今後同社が抱える訴訟にどの様な影響を与えるのかを見ていきたいと思います。

 

ジョンソン&ジョンソンは2018年時点で56年連続で増配してきた配当王です。

株価がこれ以上下がり続けるならば、今月から来月に購入を検討したいと思います。

 

〇取得配当金履歴(税引後)

  2018年 2019年 対前年同月
 1月      0円 12,635円 +12,635円
 2月      0円 14,648円 +14,648円
 3月      0円 14,090円 +14,090円
 4月      0円   1,489円   +1,489円
 5月      0円 31,209円 +31,209円
 6月   692円 16,453円 +15,761円
 7月 2,789円 22,686円 +19,897円
 8月    870円 32,130円 +31,260円
 9月  4,924円 20,253円 +15,311円
10月  6,000円 11,392円  +5,974円
11月 17,157円 - -
12月   8,807円 -
 合計 41,257円 177,567円 -
 配当収入累計 218,824円 -

 

まだまだ配当収入は少ない額ですが、焦らずにのんびり高配当株に毎月投資していきます。

行橋~別府100キロウォーキングに参加してきました

行橋駅から別府までの100キロを歩いてきました。

所要時間は21時間半…

途中で何度リタイアしようと思ったことか。

 

f:id:baron86:20191014144720j:plain

 

夜中にこんなに辛い思いをして歩く理由を探してみたが見つからず。

ただ色々なことを考える時間を頂きました。

大学院のときは自由で好きなことが出来て楽しかったこと。

サラリーマンは不自由だけどお金が貰えること。

趣味の読書やスキーだけをして暮らせれば幸せなのだろうか。等々

 

といろいろの考えが頭を駆け巡っている途中で、苦しくなって「早くゴールしたい」としか考えられなくなりました。笑

両足の小指の爪が剥がれるという辛いことがありましたが、一歩一歩ゴールに向かいました。

そんな辛い思いをしてゴール出来たときは本当に嬉しかったです。

人間(わたし)って単純です。

 

その後は別府の温泉に入って、大分名物のとり天とだんご汁を食べて幸せな気持ちになれました。

 やっぱり辛いこと乗り越えたときこそ、日常の幸せを強く感じられるんだと思いました。

2019年9月の購入履歴

9月も定期的に株を購入しました。

購入した株はアルトリア(MO)です。

 

アルトリアは過去の日記で電子たばこの会社「JUUL」への出資について触れました。

世界で電子たばこに対する規制が強化されている中、株価も軟調となっています。

a-free-and-easy-life.hatenadiary.com

 

それでもアルトリアは紙たばこのブランド力があると考え、今回株価が落ちたとろで70株程購入(約33万円)しました。 

 

9月はロイヤル・ダッチ・シェルを買い増そうか悩みましたが、ネガティブなニュースが多いアルトリアを購入しました。

そしたらいつも通りわたしが買わなかった銘柄の株価は上がり、買ったアルトリアの株価は下落しております。

 

10月は何買おうかまだ悩んでいます。