悠々自適な生活を目指して

30代の「冴えないサラリーマン」が悠々自適な生活を目指します。

2020年1月の配当金

2020年1月の配当金収入は34,843円(税引後)でした。

今月は下記7銘柄から配当金を頂きました。

 

   ・投資法人みらい(3476)

   ・グラクソ・スミスクライン(GSK)

   ・アルトリア・グループ(MO)

 ・エイリス・キャピタル(ARCC)

   ・ウエストパック銀行(WBK)

 ・PFF

 ・SPYD

 

〇取得配当金履歴(税引後)

f:id:baron86:20200118201515p:plain

今年は毎月平均で3万円以上の配当金を貰える予定です。

3万円あれば私の毎月の固定費を余裕で賄えます!

(家賃6千円(住宅補助あり)、携帯代金2千円、水道光熱費1万円)

お金が勝手に貯まる仕組み作りをもっと早い歳で取り組みたかったです…

 

今年はNISAに挑戦して節税効果を得たいと思います。

NISAに挑戦

2018年5月から始めた株式投資ですが、やっとNISAに手を出すこととしました。

「一般NISA」か「積立NISA」か悩みましたが、わたしは企業型拠出年金で国内と海外株式のインデックスファンドに毎月積み立ていることもあり、楽しそうな一般NISAを選びました。

 

ご存じの通りNISAで運用した株式の利益は非課税となります。

そして、米国株の配当金では、外国税10%の課税がないADR(外国預託証券)銘柄ならば、非課税効果をフルに享受できます。

 

そこで今欲しいNISAの株を考えてみました。 

 

<米国株(ADR)> ※配当利率は2020.1/5時点

 ・【BP】ビーピー 

   配当利回り約6.5%

   世界大手の総合石油・ガス会社。  

 ・【BHP】BHPビリトン 

   配当利回り約5.7%

   世界大手のグローバルな資源会社。

   石油、銅、鉄鉱石及び石炭の4つの事業セグメントによる構成。

 ・【HSBCHSBCホールディングス 

   配当利回り約5.1%

   全世界的に銀行業務と金融サービスを提供に従事する会社。

   わたしは同社の株は既に10万円ほど保有

 

どれも減配リスクが高そうな株ばかりの様な気がします…

今年のNISAはこれらを30万円ずつ買おうか検討中です。

2019年の投資結果について

2019年も終わるので本日時点(2020CY)の投資成績をメモしておきます。 

 

保有資産状況

  取得額 評価額 評価損益
 国内株 1,722,786円 1,791,800円 +69,014円(+4.0%)
 米国株 57,624ドル 65,472ドル +7,848ドル(+11.3%)

 

税引き後取得配当金 226,148円(昨年比+184,891円)

 

2020CYは配当金を40万円ほど貰えるようになると思います。

これで少しは複利の効果が実感ができるのか…

がんばります!

 

あと株式投資に少し慣れてきたので、そろそろNISAを始めたいと思います。

まだ口座すら作っていませんでした…

 

投資以外でも金融全般の知識を身に着けたいと思います。

その為にとりあえずフィナンシャルプランナーの勉強を始めました。

試験は受けるかは年末年始にゆっくり考えておきます。 

2019年12月の配当金

12月の配当金収入は6,626円(税引後)でした。

今月は下記3銘柄から配当金を頂きました。

 ・ロイヤル・ダッチ・シェル(RDS-B)

 ・PFF

 ・ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)

 

今月は昨年よりも配当金は少なくなっています。

それはディア・ライフ(3425)という国内株を売却したからです…

 

あと東海カーボン(5301)を1,127円で100株購入しました。

東海カーボンの本日時点の配当利率は約4.4%です。

自己資本比率は46.1%で配当性向も現在10%以下です。

 

それでいてカタログギフトの株主優待が貰えます。

保有株が100株以上1,000株未満ならば、

 ・1年以上3年未満の保有で2,000円相当

 ・3年以上保有で3,000円相当

 

ということで今年は株主優待は貰えないです…

そして本日の権利落ちで含み損が2,600円となりました。

 

加えてソフトバンク(9434)を1,452円で100株購入しました。

少しずつ国内株も買い増していきたいです。

 

〇取得配当金履歴(税引後)

  2018年 2019年 対前年同月
 1月      0円 12,635円 +12,635円
 2月      0円 14,648円 +14,648円
 3月      0円 14,090円 +14,090円
 4月      0円   1,489円   +1,489円
 5月      0円 31,209円 +31,209円
 6月   692円 16,453円 +15,761円
 7月 2,789円 22,686円 +19,897円
 8月    870円 32,130円 +31,260円
 9月  4,924円 20,253円 +15,311円
10月  6,000円 11,974円 +5,974円
11月  17,157円 41,954円 +24,797円
12月   8,807円 6,626円 ▼2,184円
 合計 41,257円 226,148円 +139,403円
 配当収入累計 267,405円 -

 

2020年の配当金は現時点で36万円ほどになる予定です。

毎月のんびりと高配当株に投資を続けて不労所得を増やしていきます。

2019年12月の購入履歴(途中経過)

12月の初めに冬のボーナスを貰ったので、今月は多めに米国株を購入しました。

また余力があるので、更に日本株を買おうか悩んでいます。

優待欲しい!何となく。

 

購入した米国株は下記の通りです。

 【RDS-B】ロイヤル・ダッチ・シェル  @56.9ドル 計55万円

 【ARCC】 エイリス・キャピタル    @18.8ドル 計20万円

 【IVZ】     インベスコ・リミテッド    @16.7ドル 計20万円

 

昨日からアマゾンプライムビデオで懐かしい「のだめカンタービレ」のアニメを観ています。

音楽を真摯に取り組む学生を描いた青春漫画です。

そこで指揮者を目指している千秋さまが言ったセリフが印象的でした。

 

「他人の世界を羨んでも仕方ない。自分の世界は自分で変えていかなければ」

 

すごくいい言葉だなと思いながらも、この漫画のキラキラした登場人物を羨んでいる自分がいました。

2019年冬のボーナスで欲しい株(米国株編)

本日は冬のボーナスで欲しい米国株を整理しました。

最近の株高の影響で、欲しい配当利回り水準の銘柄が少なかったです。

 

〇欲しい米国株(2019.12/8時点)

 銘柄

株価

($)

配当

利回り

欲しい

理由

減配リスク

※勝手判断

アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド【ADM】

穀物大手メジャー

 43.91 3.19% 44年増配

 コカ・コーラ【KO】

清涼飲料メーカー

54.31 2.94% 56年増配

 P&G【PG】

 一般消費財メーカー

124.19 2.40% 62年増配

スリーエム【MMM】

 化学・電気素材メーカー

171.47 3.36% 60年増配

 マクドナルド【MCD】

 ファーストフードチェーン店運営

195.35 2.56%  42年増配

エクソン・モービル【XOM】

 大手石油メジャー

69.51  5.01% 36年増配 

 フランクリン・リソーシズ【BEN】

投資顧問会社 

27.00 3.85%   37年増配

 インベスコ・リミテッド(IVZ)

 投資運用会社

16.79 7.39%   10年増配

中?

エイリス・キャピタル(ARCC)

管理投資会社

18.74 8.54%  1年増配 高?

 

この中で現在購入を考えているのは投資会社である「インベスコ・キャピタル(IVZ)」、「エイリス・キャピタル(ARCC)」です。

この2銘柄の魅力と注意点を簡単にまとめました。

 

魅力

・高配当で、両社ともPRE15倍程度なところ

・過去の配当推移を見ても不景気時もそこまで減配してない

 

注意する点

キャピタルゲイン獲得は期待できない

・減配リスクはあると思う…

 

 

今月はこの2銘柄の購入を検討したいと思います!

2019年冬のボーナスで欲しい株(日本株編)

ボーナスを貰ったので、欲しい株を整理しています。

今回は欲しい日本株をメモします。

 

日本株編(データは12/7時点) 

三菱商事(8058) 株価2,992円、配当利回り(予)4.52%、PER(予)8.8倍  

三菱商事の2021年までの中期経営戦略よる 

配当は「累進配当」を継続して、配当性向を現在の30%から35%まで向けて一段と引き上げることを目指す。 

記載があります。

これが本当なら株を購入すれば安定して高利回りの配当金が得られます。 

ただ心配なのは景気敏感株で不景気になると弱そうなところです。 

 

あと日本株で購入検討している株は、株主優待が目的なものばかりです。 

お菓子が貰える「ブルボン(2208)」、「名糖産業(2207) 

シャツが貰える「はるやまHD(7416) 

飲み物が貰える「伊藤園第1種優先(25935)」、「コカ・コーラ(2579) 

商品券が貰える「ゼビオHD(8281)」、「アルペン(3028) 、「丸善CHI(3159) 

 

あと個人的に好きで応援したい企業の「安川電機(6506)」、「スノーピーク(7816)」の株が欲しいです。 

 

これらを11銘柄すべて購入にするには本日時点で計205万円必要なことが分かりました。 

そんなにお金は持ってないので、これらは株価の下落客面で購入していきたいと考えています。

 

しかし、欲しい銘柄を整理すると、やはり米国株の方が魅力的な銘柄が多かったです。 

既にロイヤル・ダッチ・シェル(RDS-B)の株を55万円分ほど購入してしまった…