悠々自適な生活を目指して

30代の「冴えないサラリーマン」が悠々自適な生活を目指します。

行橋~別府100キロウォーキングに参加してきました

行橋駅から別府までの100キロを歩いてきました。

所要時間は21時間半…

途中で何度リタイアしようと思ったことか。

 

f:id:baron86:20191014144720j:plain

 

夜中にこんなに辛い思いをして歩く理由を探してみたが見つからず。

ただ色々なことを考える時間を頂きました。

大学院のときは自由で好きなことが出来て楽しかったこと。

サラリーマンは不自由だけどお金が貰えること。

趣味の読書やスキーだけをして暮らせれば幸せなのだろうか。等々

 

といろいろの考えが頭を駆け巡っている途中で、苦しくなって「早くゴールしたい」としか考えられなくなりました。笑

両足の小指の爪が剥がれるという辛いことがありましたが、一歩一歩ゴールに向かいました。

そんな辛い思いをしてゴール出来たときは本当に嬉しかったです。

人間(わたし)って単純です。

 

その後は別府の温泉に入って、大分名物のとり天とだんご汁を食べて幸せな気持ちになれました。

 やっぱり辛いこと乗り越えたときこそ、日常の幸せを強く感じられるんだと思いました。

2019年9月の購入履歴

9月も定期的に株を購入しました。

購入した株はアルトリア(MO)です。

 

アルトリアは過去の日記で電子たばこの会社「JUUL」への出資について触れました。

世界で電子たばこに対する規制が強化されている中、株価も軟調となっています。

a-free-and-easy-life.hatenadiary.com

 

それでもアルトリアは紙たばこのブランド力があると考え、今回株価が落ちたとろで70株程購入(約33万円)しました。 

 

9月はロイヤル・ダッチ・シェルを買い増そうか悩みましたが、ネガティブなニュースが多いアルトリアを購入しました。

そしたらいつも通りわたしが買わなかった銘柄の株価は上がり、買ったアルトリアの株価は下落しております。

 

10月は何買おうかまだ悩んでいます。

2019年9月の配当金

9月の配当金収入は20,253円(税引後)でした。

今月はJTロイヤル・ダッチ・シェル(RDS-B)、ジェンソン&ジョンソン(JNJ)、PFF、SPYDの5銘柄から配当金を頂きました。

 

9月は日本株が好調でした。

特に「JT(2914)」「ドコモ(9437)」「投資法人みらい(3476)」の株価が上昇しています。

JTに関しては買い増すチャンスを逃したのか、これからまた株価が下落していくのか、しっかりとウオッチしていきたいと思います。

ドコモはまだ少し含み損ですが、ずっと放置する予定です。

 

 〇取得配当金履歴(税引後)

  2018年度 2019年度 対前年同月
 4月      0円  1,489円  +1,489円
 5月      0円 31,209円 +31,209円
 6月   692円 16,435円 +15,743円
 7月   2,789円 22,686円 +19,897円
 8月    870円 32,130円 +31,260円
 9月  4,942円 20,253円 +15,311円
 10月  6,000円 - -
 11月 17,157円 - -
 12月   8,807円 - -
 1月 12,635円 -
 2月 14,648円 - -
 3月 14,090円 -
 合計 82,360円 124,220円 -
 配当収入累計 206,850円 -

 

まだまだ配当収入は少ない額ですが、焦らずにのんびり高配当株に毎月投資していきます。

Google Home Mini(スマートスピーカー)は便利でした

Pixel 3aを買ったらGoogle Home Miniを無料で頂きました。 

わたしは「只より高いものはない」と思っているので、警戒しながら使用してみました。 

 

Google Home Miniとは? 

OK Google」or「ねえ、Googleと話しけて、お願いごとをすると答えてくれるスマートスピーカーです。

 

今のところわたしが使っているの機能は「アラーム」「天気予報」「音楽」「ラジオ」「ニュース」くらいですが、驚くほど便利です。 

スマートスピーカーにファンになってしまいました。 

きっと次は自腹で買うことでしょう。 

 

まんまと企業の策略にハマりました 

 

そして家にスマートスピーカーに対応している家電がひとつもないのが、悔しくなってきました。

スマートスピーカーに対応する家電を揃えたら、家の中で「リモコン」をなくすことはなくなるでしょう。

リモコンの電池のフタもなくすことはなくなります。

それはなんて素晴らしくて便利な世の中なのでしょう!

お金があれば…

 

最近、1万円くらいで買った格安SIMフリー携帯からPixel 3aに買い換えましたが、これも本当に使いやすいです。 

アルファベット(Google)とアップルの製品は使いやすくて便利なものが多いですね。 

たばこ株への投資(高リスクハイリターン?)

最近、日経平均及びダウ平均株価が好調です。

あまり自分のポートフォリオの評価損益は気になっていませんが、2019.9/20時点で何とか含み益(+5.0%程度)になっています。

 

しかし大きな含み損を抱えている銘柄もあります。

それは保有しているたばこ3銘柄すべてです。

株価が下落していることもあり、配当利回りはすごい高水準…

 

※株価は2019年9月20日終値

銘柄 投資額 評価損益率 配当利回り
アルトリア・グループ(MO) 約6,000ドル -17% 8.23%
ブリテッシュ・アメリカン・タバコ(BTI) 約8,000ドル -4% 7.23%
JT(2914) 約57万円 -19% 6.63%

 

最近の株価下落の理由は、アルトリアが今後成長を期待して出資(約128億ドル)したJUULの販売する「電子たばこ」にある気がします。

 

<電子たばこに対する最近のニュース>

2019.7.26

世界保健機構(WHO)が電子たばこは「間違いなく有害」であり、規制すべきと表明

2019.9.11

トランプ政権が電子たばこの販売を規制すると発表

2019.9.17

JUUL、中国での販売停止

2019.9.18

インドが電子たばこの生産、販売、生産、輸入を全面的に禁止すると発表

2019.9.20

米小売大手ウォールマートは電子たばこをはじめとしたニコチン伝送機器の米国内での販売を停止すると社員に通達

 

このまま全世界で電子たばこに対する規制が強化されていくと、「連続増配年数50年を超えるアルトリア」の出資の成果は厳しいものとなるでしょう。

更に紙たばこの販売に対しても今後成長が見込めません。

 

但し、アルトリアは紙たばこの市場成長が見込めないと考えて、「電子たばこ」や「マリファナ」の大手に出資した筈です。

また新たな一手を考えていることでしょう。

変化を恐れないで前に進もうとする会社を見守っていくことは楽しいです。

 

アルトリアに関しては、会社のキャッシュフロー表を注視しながら、少しずつ株を買い増していきたいと思います!

 

あれ、たばこ銘柄で一番含み損を抱えているのはJTだった…

【読書】ファクトフルネス/FACT FULNESS

この本はマイクロソフト創業者であるビル・ゲイツが大絶賛をして、2018年にアメリカの大学を卒業した学生のうち、希望者全員にプレゼントしたほどの本です。

読めばきっと世界の見方が少しだけ変わる本だと思います。

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

 

 それしてもビル・ゲイツはただの実業家ではないですね。

 

いくら金持ちでもこんなことは出来ないです。

 

ファクトフルネスとは

これは造語で、「データや真実を基に世界を正しく見る方法」を意味する。

 

<読んで学べた(共感出来た)こと>

・過去に学んだことやデータは最新の情報にアップデートすることが必要

→ この本を読むことで、世界が抱える貧困、人口増加、温暖化などの諸問題について一般常識をアップデートできる。

・メディアや識者から発信される情報を鵜呑みにしない

→新しい情報を用いて自分で判断して分析する力が必要。

・思い込みをしない

→過去学んだ知見や経験がそのまま現代に活かせるとは限らない。常に現状に合った考え方や対応方法を多角的に理解/分析する必要がある。

 

<感想>

この本を読むことで、自分が年齢を重ねるごとにアップデートされていない古い考え方や価値観のままボーッと生きていることを実感した。

常識は時代と共に変化するものであり、正しく変化を理解していかないとわたしの様な時代錯誤の中年男性を生み出してしまう恐れがあるということを認識しました…

そして、今の時代の課題や常識を正しく理解する為にも、アップデートされた情報を多角的に分析することの大切を学べました。

 

また、物事において何が正しい(幸福)か悪い(不幸)かなんて、人によって違うし、比べるモノでもないと思うけど、自分自身の考え方をアップデートするのには、ファクトフルネスを実践することは大切なことだと思いました。

 

但し、社会や時代に置いていかれても人様に迷惑を掛けないところで、ボッーと生きることも人生の選択肢のひとつなのかなとも考えました。

【備忘録】安物買いの銭失い

1年半ほど前に買った携帯電話とパソコンが同時に壊れました。

両方ともコスパが良いと思って買った安価な商品(モノ)です。

 

然しながら、今回両方壊れてみて自分が「購入すべきモノ」の考え方を思い直しました。

 

・しっかり者は安くて少し壊れやすいモノでも大切に使うから長持ちしてコスパが良い。

・わたしみたいなだらしない人間は、多少高くても良いモノを長く使うことでコスパを良くする(最後は売る)。

 

おそらくこれが良いのでないかと30年以上生きてきて初めて気づきました。

※安くても良いモノはたくさんあると思いますが…

 

社会人一年目の時に買ったMacBook Proは8年間快適に使うことができて、結果壊れずに高い値段で売ることが出来ました。

買うときの値段が多少高くても良いモノは、長く快適に使用でき、アフターサービスも充実して、値崩れせずに高く売れるのです。

 

ということで、今回は高くても欲しいモノを購入しました。

 

携帯電話 Pixel 3a(64GB ロックフリー版) 48,600円

パソコン ThinkPad E490  68,234円 

                   ・プロセッサー : インテル Core i5-8265U

      ・メモリー : 8GB(4+4) DDR4 2400MHz SoDIMM

      ・SSD: 256GB

 

結果、少しケチった気がしますが、合計116,834円の出費です。

ちなみに2019年4-8月までに得た配当金は103,967円(税引き後)。

昔ならこのくらいの出費は何とも思わなかったですが、今は涙が出てきます。

株を始めたことで「金銭感覚」が少しはまともになった気がします。

 

携帯電話はiPhone11が発売されて「iPhone8」と「iPhoneXR」がそれぞれ値引きされました。

安くなるのは予想通りだったのですが、iPhoneXRがここまで安くなると思わなかった…

新型iPadもかなり安いではないか(欲しい)…

 

結果、携帯とパソコンを昔みたいにapple製品にしとけば良かったと少しだけ後悔があります。

 

しかし、今回購入した携帯とパソコンは、わたしにはもったいないくらいの高スペックなので、しっかりと勉強して使いこなしていきたいと思います。

 

ちなみにパソコンが届くのは10月の予定(届くの遅い…)。

わたしの家にはTVもないので、暇つぶしをするものがなくなりました。

とりあえず今月は読書をがんばります。