悠々自適な生活を目指して

30代の「冴えないサラリーマン」が悠々自適な生活を目指します。

読書

【読書】「不労所得」入門

これからの時代は「給料」+「副収入(働かないで)」と表紙の帯に書いてあったので、購入して読んでみました。 “投資"に踏み出せない人のための「不労所得」入門 作者: 加谷珪一 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2019/07/12 メディア: 単行本(…

【読書】ファクトフルネス/FACT FULNESS

この本はマイクロソフト創業者であるビル・ゲイツが大絶賛をして、2018年にアメリカの大学を卒業した学生のうち、希望者全員にプレゼントしたほどの本です。 読めばきっと世界の見方が少しだけ変わる本だと思います。 FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思…

【読書】市場のサイクルを極める

うたい文句は「マクロ情勢の予測はするな。サイクルに耳を傾けよ!」のハワード・マークス著の「市場サイクルを極める」を読みました。 市場サイクルを極める 勝率を高める王道の投資哲学 作者: ハワード・マークス,貫井佳子 出版社/メーカー: 日本経済新聞…

【読書】チーズはどこに消えた?

株を始めてから小説(物語)以外の本も多く読むようにしています。 今週は本の帯に「全世界で2800万人に読み継がれたビジネス書の金字塔!」と書かれた「チーズはどこへ消えた?」を読んでみました。 チーズはどこへ消えた? 作者: スペンサージョンソン,Spence…

【読書】わたし、定時で帰りたいです。

緋野帰子さんの「わたし、定時で帰ります。」を読みました。 流行りの働き方をめぐる社会派小説で、読みやすくて面白かったです。 ドラマには美人な吉高由里子さんが出演していたということなので、ぜひ観てみたいです!笑 わたし、定時で帰ります。 (新潮文…

キャロリングとショーシャンク

3連休1日目は本を読んで映画を観ました。 読んだ本は有川浩の「キャロリング」。 本屋で立ち読みをしてみたら、主人公が私と同じ年齢のサラーリマンだったので思わず物語が気になって買ってしまいました。 感想としては、物語の展開も良く面白かったです。 …